オーガニックサロンBOO-FOO-WOO

その他

お問い合わせはこちら

ブログ

人気カラーやヘアスタイルを分かりやすく紹介しています

その他

冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくることから太陽が生まれ変わる日ととらえ、古くから世界各地で冬至の祝祭が盛大に行われていました。太陰太陽暦(いわゆる旧暦)で…

サクソフォーン(英:Saxophone)またはサクソフォン、サキソフォンは、通常は真鍮製で、単簧(英語版)(シングルリード)マウスピースを使って演奏される木管楽器の一族である。口語ではサックス(sax)…

クラリネットは、ドイツ・ニュルンベルクのヨハン・クリストフ・デンナーが、1700年頃にシャリュモー(仏:chalumeau)を改造して製作したのが始まりとされる。シャリュモーはフランスの古楽器であって、…

アコーディオン(英:Accordion)は、蛇腹のふいごと鍵盤の操作によって演奏する可搬式のフリーリードによる気鳴楽器である。コンサーティーナやバンドネオンは近縁の楽器であり、広義にはアコーディオンに…

クラシック音楽などで使われる「Grave(グラーヴェ)」は、速度記号、発想記号の中の1つです。イタリア語で「重々しく、荘重(そうちょう)に」という意味の言葉になります。メトロノームやクリックで最も…

アルペジオは、和音を同時に鳴らすのではなく1音ずつ順番に連続的に発する演奏方法のことである。いわゆる「分散和音」の一種である。 アルペジオ(arpeggio)という言葉は他の音楽用語と同様イタリア…

ヘ音記号は、中央のド音の下にあるファ音を基準にするための記号で、低音部記号(ていおんぶきごう)といいます。譜表名は、低音部譜表(ていおんぶふひょう)となります。英語では、Fclef(エフクレフ)…

アレグロ(イタリア語:allegro〈アッレグロ〉)は、音楽用語である。イタリア語本来の意味は「陽気な、快活な」という意味だが(「速い」はプレスト)、音楽用語としては一般に「速く」の意味で使用され…

クラシック音楽などで使われる「Moderato(モデラート)」は、速度記号の中の1つです。イタリア語で中くらいの速さでという意味の言葉になります。「Andante(アンダンテ)」と「Allegro(アレグロ)」…

イタリア語で「いきいきとした」「活気に満ちた」という意味をもつヴィヴァーチェ。速いテンポを表す言葉だと思われがちですが、本来はそうでもなかったようです。ヴィヴァーチェという言葉が登場したの…

ハ音記号は、中央のドの音を基準にするための記号で、中音部記号(ちゅうおんぶきごう)といいます。高音と低音をつなぐ中間くらいの音域を楽譜に書くときに使われます。譜表名はハ音譜表とは言わず、分…

アダージョ(イタリア語:adagio)は、音楽用語の一つ。原義は「くつろぐ」であるが、音楽用語としては遅い速度を示す。遅い速度で書かれた楽章や楽曲そのものをアダージョと呼ぶ場合もある。白石区/清田…

ダ・カーポ(イタリア語:dacapo)は、西洋音楽の楽譜において曲の冒頭へ戻ることを指示する演奏記号で、「DaCapo」ないし「D.C.」と記される。語源・歴史イタリア語のcapoは英語のheadに相当し、体の一部…

西洋近代の五線譜法に用いられる音部記号。1点ト音(G音)の位置を指定することからこの名があり,その記号もGが模様化されたものである。歴史的にはほかの音部記号に比べて最も遅れて一般化したが,まもな…

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。